遠く離れた相手

本格的なものを導入するにあたって

TV会議は、多く離れている相手と話をしながら会議をすることができる方法です。インターネットとデジタルカメラ、そして携帯端末が普及したことによって簡単にできるようになってきました。TV会議はやり方によって大きく費用が異なります。格安のアプリを用いて、単に画面を見ながら話をするだけであれば数百円の初期投資のみで端末代を除いて行うことができます。 一方で、本格的にTV会議を行う場合にはそれなりの初期投資がかかります。レンタルのサーバーや配線工事などでおよそ30万円から50万円程度かかります。さらにアプリの共有やカスタマイズを求めていくようになっていくと、企業の求めるニーズに応じて追加の料金が必要になります。

ネットの普及がTV会議を変える

TV会議は、かつて電話回線などを用いて利用されてきました。しかし、初期投資や利用料金に莫大な費用がかかるために、一部の特殊な場所を除いてはなかなか普及してきませんでした。 しかし、近年携帯端末にデジタルカメラがつき、このカメラが動画撮影をすることができるようになってことで大きく普及し始めました。ネット回線の速度アップ、動画を送信することができる便利なアプリの誕生によって小規模のTV会議であれば非常に安く導入することができるようになりました。 これに伴って、専門的にTV会議に関連した事業を取り扱う会社が誕生して、オフィスにも整備されてきています。海外とでも簡単にやり取りできることから多国籍企業を中心として導入が進められています。